幼児期に数やひらがなが書けることよりも大切なこと

 

フィジパは運動教室ですが、親御様のサポートをもさせていただくため、
メールやレッスン終了後に色々な子育てに関するご相談をも受けております。

今回は、入学前や入園前のご相談で多いのが、字の反転や、書くことについて
他の子より遅くて・・・って問題ないと思いましたが。。。

フィジパのレッスンでは、一つの運動トレーニングをスタートする前に
子どもたちに色々と質問します。
時々絶好調になってしまい、動く事よりも話すことに真剣になってしまう子もいますが・・(笑)

ひらがなや数字は教えなくても知らぬ間に身に付けていけると思います。
幼稚園や保育園での自由時間や、ご家庭での会話から語彙力を学んでいます。

書く事を覚えるよりも、自分の言葉で思っている事を話せるようになる。

ひらがなや数字は遅くても小学1年生の夏頃までには、できるようになります。

幼児期に大切なのは、体を大きく動かし(粗大運動)、主体的に考えることだと思っています。

2月末までは会員様ではないお子様でも随時1回レッスン可能です!
下記ご覧ください。
フィジカルパーク東北沢教室:http://physipa.com/archives/1429

小学生の為の少人数クラスは:http://physipa.com/archives/1223

  • LINEで送る
  • Pocket