保護者様の声~メンタルトレーニングは、こちこちの頭をほぐすせます♪~

 

メンタルトレーニングを受講の保護者様よりメッセージがありました!


フィジパ道場アスリートクラスを卒業し、
中1になった息子が久しぶりに
メンタルトレーニングに参加させて頂きました。

硬式野球のクラブチームに進んだ息子は、
共に道場に通っていたHくんが月1回参加している事を
羨ましがっていました。

この夏中学硬式野球の全国大会出場を決めた先輩方がいる強豪チームで、
同級生も40名近くいる中で過ごしていて、
佳苗先生のお話を聞きたいと思っていた様です。


参加して…

息子は、親や学校の先生から言われる事とは違う視点での話を聞けた事で、
少し気が楽になった様です。

勉強の面、野球の面においてこの先活かしてくれたら良いかと思います。

時期的にも身近な家族や親しい大人から離れ、
色々な方面の大人から話を聞き、理解し、
自分にとってどれが良いのか、
賛同できるのか迷ったり、共感したり、
刺激を受ける期間だと思います。


佳苗先生のお話は、
親としての私の狭い視線を、子供の見方を広げてくれる、
私にとって新しい考え方を教えて下さいます。


私だけでなく、
スポーツで上を目指しているお子さん、
親御さんにはぜひ聞いて頂きたいお話でした。


我が子を活躍させたい、
してほしいと願う親の気持ちは、
ともすれば過保護、
過干渉となり、
思春期の気持ちの変化に対して煩わしい物となるかもしれません。


自分の中学生の頃を思い出し、
親がどう関わっていたか、
どう感じていたかを思い出しながら、
少しずつ手を離して見守る距離感を学んでいる最中です。


そんな中で佳苗先生のお話を聞けたことに感謝しております

今後もチャンスがある時は、また迷った時は佳苗先生にご相談させて頂けたらと思います。

この子のトレーニングしている様子を見ていると、
以前に増して、『こちらを見る目が鋭く』なりました。

大らかな性格のお子さんでしたが、
ここのところ、とても「芯」がしっかりしてきたなという印象です!
楽しみですね!!

本日も『メンタルトレーニング』のレッスンがあります!
テーマは大まかには決まっていますが
細かい部分は決まっていません。

なぜなら、そのお子様のそのときの状況によって、
レッスンの内容は変わっていきます。

今日も子どもたちと楽しく、
スポーツにそして日頃の生活に働きかけるような事をしていきたいと思います!!

  • LINEで送る
  • Pocket