両眼視機能検査の勧め

 

ジュニアアスリートクラス会員のお母様より下記メールをいただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんばんは。

○○がいつもお世話になっております。

お伺いしたいことがあります。

久美先生から、○○の目のことについてお話がありました。

フィジパの先生たちの判断では、一度眼科に診てもらった方がよいそうですね。

提携の眼科もあると聞きました。

私は、今年度は仕事を休んでいて、動きやすいので、受診するならば早めに…と

思っています。

教えていただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フィジパのビジョントレーニングのプログラムを行っていて、目の使い方が気になる会員様には当教室と連携している眼科ではなく、メガネ屋さんを紹介させていただいています。

両眼視機能検査でまず自分の特性を知ること。

検査をし、先生からフィードバックを受ける。道場トレーニングで自分自身も納得し、トレーニングを理解させる。

指導者に言われたことをやるのではなく、提供したトレーニングをいかに自分のものにできるか?

それがこれからの将来に大きく左右されるんです!

  • LINEで送る
  • Pocket